Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

MOBILE

qrcode

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 阪急電車 / 有川浩(幻冬舎) | main | 永遠の出口 / 森絵都(集英社文庫) >>

学問 / 山田詠美(新潮社)

評価:
山田 詠美
新潮社
¥ 1,575
(2009-06-30)
コメント:ひさしぶりの詠美嬢。 「無銭優雅」以来。 あのテイストを期待していましたが 予想とかなり違っていて 正直 冒頭からしばらく ずいぶん戸惑いました。

 

ひとりの少女の
成長と性の目覚め。
そして 
青春にも
流れがあり
命にも
限りがあり

順々に生まれてきた以上
順々に消えてもいく ・・・

云ってしまえば
よくあるテーマでも
この方が書けば
こんなに 細やかな
「文学」になります。


心のキビが
ガラス細工をなぞるように
ていねいで
でも 当たり前なことばで綴ってあり
わかりやすい。

でも わかりやすさこそが
腕のスゴさだと
いつも通り 
しみじみと
舌を巻きました。


ただ あたしには
ちょっと
湿度が高い感じで
好みからは
すこし ズレました。



真の幼なじみ、って
どういう感じなんだろ。

その感覚を
実際に味わってみたい気がする。






2009.09.18 Friday | comments(0) | trackbacks(0)-

Post a Comment






Trackback URL

http://anmitu-1.jugem.jp/trackback/146

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.