Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

MOBILE

qrcode

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 転落 / 永嶋恵美(講談社文庫) | main | 年下の女友だち / 林真理子(集英社文庫) >>

夏と花火と私の死体 / 乙一(集英社文庫)

プレゼントで頂いた一冊。


おお・・・ 16歳が書いたとは。

殺された「わたし」に

物語を語らせるなんて

すごいなあ。



夏休みに読みたいような

ホラー小説。


収録の「優子」は

どこか

江戸川乱歩・風な

”怖いロマン”を彷彿させる。



いるんだなあ (いたんだなあ)


こういう非凡な少年が。



10代だからこその

薄情さと残酷さ


・・・ なのかもしれないな。



2010.04.27 Tuesday | comments(2) | trackbacks(0)-

Commnets

感想、ありがとう
ございます!

ヤーマン | 2010/04/28 1:53 AM

Commnets

こちらこそ ありがとう。

な | 2010/04/28 11:59 AM

Post a Comment






Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.