Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

MOBILE

qrcode

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 賢者の愛 / 山田詠美(中央公論新社) | main | 椿山課長の七日間 / 浅田次郎(集英社文庫) >>

噂の女 / 奥田英朗(新潮文庫)

評価:
奥田 英朗
新潮社
¥ 680
(2015-05-28)

 
そうそう。

久しぶりの奥田英朗 作品。

こういう小市民の本音をユーモラスに含んだ小説が

とても上手な人だった。

10編の短編集に見えて

実は 噂の女「糸井美幸」をめぐる

長編に出来上がっている。

不幸な生い立ち 

複雑な家庭環境

地味だった少女時代

… それが 短大時代を期に リ・スタートをきる。

女を武器に 男から財を奪い 

人生の挽回をはかってゆく。

悪女・毒婦 の仕出かす 

お安いミステリー小説にもなりうるストーリーが

短編仕立てで サクサク展開するので

読みやすく 不快感なく どんどん進む。

最後の最後まで はっきり露呈しないのが

かえって 心地よくもあり … 。

でも 短大の同級生だったという女性が

美幸の悪事を 賞賛し 

眩しい気持ちで 今後を応援する件は いかがなものか?

「いえいえ、奥田サン 

女は同性に キビシいですよ、キツいですよ

” アンタばっかり なんでよ!ズルい!" って

こういう場合 男より モーレツに叩きますよ ふつう。」


男目線の文章でしたね。


2015.06.18 Thursday | - | trackbacks(0)-

Trackback URL

http://anmitu-1.jugem.jp/trackback/386

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.