Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

MOBILE

qrcode

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< むらさきのスカートの女 / 今村夏子(朝日新聞出版) | main | おらおらでひとりイグも / 若竹千佐子(河出書房新社) >>

絶唱 / 湊かなえ(新潮文庫)

評価:
湊 かなえ
新潮社
¥ 594
(2019-06-26)

あまり選ばない作家さんなんだけど

どこの本屋さんでも

やたらと 平積みしてあって

 

「そんなに? ならば  いざ」と 拝読。

 

4連作長編。

阪神・淡路大震災とトンガ。

かなりかけ離れた二つの土地が

各編それぞれの主人公と

ふしぎに繋がる。

 

書きたいことと 設定に距離があって

結果 散漫さを思う。

リアルが迫りづらい。

残念。

作家ご自身の体験も含まれているようで

想いが強すぎたか。

 

ただ 目に留まったのは

「死」を悲しみと捉えない

トンガの宗教観。

亡くなった人たちは

あちらの世界で

みんなまた会うという発想。

 

天国があって

死んだらみんな そこへ行く、

亡くなった 祖父祖母も

死んだ ひよこも金魚も

みんな あっち側へ行って

幸せに笑って過ごしている、

漠然と そう思い込む

子供時代が過った。

 

 

 

 

2019.09.14 Saturday | - | trackbacks(0)-

Trackback URL

http://anmitu-1.jugem.jp/trackback/564

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.