Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

MOBILE

qrcode

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 星の子 / 今村夏子(朝日新聞出版) | main | ひとよ / 長尾徳子(集英社文庫) >>

さすらい猫ノアの伝説 / 重松清(講談社文庫)

クラスのみんなが忘れてしまっているものを

思い出させるために やってくる

さすらい猫ノア。

 

児童文庫と思えばそれまでだけど

子どもも おとなも 

心の弱さ・脆さ・迷い 実は同じ。

そして 子供の世界は それゆえ 逆に

実は酷だったりするもの。

おとなが読んでも

「あっ」と思い当たる箇所は ちらほら。

 

大切なことは 目に見えない。

ことばでも 説明しきれない。

だから 心で感じて すくい取るしかない。

その 気づきのきっかけへと

ニャンともふしぎな猫が

誘ってくれる。

ちょっと弱ってたり

元気を付けたい時に読むと良い。

 

数十年前 実家にいた猫が

いつも こちらの気持ちを読み取っているようで

「もしかして 神さまのおつかい?」と

幾度も感じたのを思い出した。

 

ノアも神さまのおつかい?

というか 神さまかな?

 

 

2019.09.27 Friday | - | trackbacks(0)-

Trackback URL

http://anmitu-1.jugem.jp/trackback/568

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.